2019年度 日本水環境学会関西支部見学会を実施いたします[締切延長]

(公社)日本水環境学会関西支部では、2019年度見学会を、大阪府大阪市平野区の平野下水処理場および同区内の古民家を改築して公開されている「くらしの博物館」で行います。
平野下水処理場は大阪市内の平野区、東住吉区、生野区など同市東南部と、隣接する東大阪市、八尾市域の下水のほぼ全量を高度処理している施設です。また同処理場は通常の水処理に加えて、汚泥固形燃料化事業(汚泥炭化炉)を実施し、アナモックス細菌を利用した脱水分離液の処理施設が導入された処理場でもあります。今回は同処理場の職員の方のご案内により、両施設を見学させていただけることとなっており、合わせて3時間の見学時間を設けております。その合間には同処理場敷地内にあり、下水を高度処理したきれいな水を使ったせせらぎや水車小屋のある「平野せせらぎの里」での水辺の散策も企画しております。
 そのあと見学する「くらしの博物館」は、平野区の豪農であった辻元家の本宅として、江戸時代に建設された近世和風建築で、主展示室である衣装蔵のほか、屋敷内のいたる所に、辻元家が所有していた絵画、茶器などが展示公開されております。
秋の1日、私たちの暮らしの中で使われて汚れた水が、どのように生まれ変わるのか、その仕組みを見学し、さらには江戸時代の人々の暮らしに接してみませんか?
多数の皆さんのご参加をお待ちしています。 

【 主  催 】  (公社)日本水環境学会関西支部
【 期  日 】   2019年11月1日(金) 13:15〜17:30(予定)
         荒天中止
【 行  程 】
13:15 集合:平野下水処理場(大阪市平野区加美北2丁目6番69号)
          アクセスなど詳細
          https://www.city.osaka.lg.jp/kensetsu/page/0000141050.html
13:15~14:45  平野下水処理場: 水処理・脱⽔分離液処理施設(アナモックス施設)見学               
14:45~15:15  平野下水処理場: 平野せせらぎの里                   
15:15~16:45  平野下水処理場: 汚泥固形燃料化事業(汚泥炭化炉)見学
17:00~17:30  旧辻元家住宅内「くらしの博物館」(大阪府大阪市平野区加美鞍作1-3-19)見学
17:30       解散:JR関西本線「加美駅」
※18:00~20:00 希望者対象に「くらしの博物館」敷地内「「がんこ平野郷屋敷」にて懇親会開催
                                     会費5,000円(予定)  
【 参 加 費 】   無料  ただし非会員については移動車両代のみ徴収
【 定 員 】     30名(先着順)
【 申し込み締め切り 】    2019年10月23日(水)【締切延長】
【 申し込み方法 】      
 1.参加者の氏名(ふりがな)、2.会員・非会員の別、3.会員の方は会員番号、4.連絡先(所属団体名、住所、電話番号:できれば携帯番号、E-mailアドレス)、5.懇親会参加・不参加 をご記入の上、下記宛にE-mailでお申し込みください。

※なお、大阪市平野下水処理場よりのご依頼により、同処理場へご参加者の所属およびお名前を提出いたします。ご同意頂けない場合は,申込時にお申し出ください。

【 申し込み・問い合わせ先 】
株式会社日吉 技術部 分析研究課 川嵜悦子
 〒523-8555 滋賀県近江八幡市北之庄町908番地                          
℡:0748-32-5001   E-mail:e.kawasakiアットhiyoshi-es.co.jp
                アットを@に変更して送付してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA