川部会

川部会

 川部会は、水環境を単なる数値としてではなく実際に川を観察し総合的に把握してその機能を評価するために、川のウォッチングと評価手法の検討を柱に村岡 浩爾元部会長のもとで2001年6月に活動を始めて12年になります。この間、貝塚市の近木川を最初に2013年5月の寝屋川北部地下河川まで56の河川 (韓国、台湾の川を含む)をウォッチしました。
 この活動で、川は各地域の人々との間に多様な関わりと歴史を持っていることを知りました。川は水質だけでなく人との関わりを含む水環境として評価することの重要性を再認識しました。 
 ウォッチングの結果は月刊「環境技術」誌に2004年4月号~2006年1月、2007年4月~2009年6月まで「関西の川歩き」として連載されまし た。さらに、2012年9月から「環境技術」誌に続関西の川歩きを隔月連載しています。また、リーフレット「琵琶湖・淀川 里の川をめぐる~ちょっと大人の散策ブック~」を(公財)琵琶湖・淀川水質保全機構と(一社)近畿建設協会との共同企画で発行しています。5編にわけて随 時発行の予定で、昨年度には、No.8「名張川」編、No.9「猪名川」編、No10「琵琶湖疏水」編、No.11「中河内の川」編、No.12「赤野井 湾」編を発行しました。学会発表でも2013年3月の第47回日本水環境学会年会研究発表会にて関西支部企画セッション「文理融合の総合的視点で川を考え る」を担当して、発表も行うなど積極的に参加しています。
 発足以来部会長を務められた村岡浩爾氏の後を引き継ぎ、土永恒弥氏が部会長をした後、2010年8月から福永 勲氏が部会長、古武家善成氏が事務局長と して活動をしています。皆様の御参加と御意見お待ちしております。近い所では、川歩き行事として2013年7月28日(土)に兵庫県西部の千種川・赤穂探 索を予定しています。ふるって、ご参加ください。

【連絡先】 部会長 古武家善成(神戸学院大学) E-mail:dfmfn512@kcc.zaq.ne.jp
事務局長 服部 幸和 E-mail:yukikazu@osaka.zaq.jp
担当支部幹事  駒井幸雄(大阪工業大学) E-mail: komai@env.oit.ac.jp

 

TOP
支部長挨拶
水環境学会関西支部について
支部部会紹介
お知らせ(かんすい広場)
支部機関誌「かんすい」
関西支部表彰
社団法人日本水環境学会

Google

WWW を検索
日本水環境学会関西支部を検索